タジマ レーザー墨出し器の評判は?国産・高精度の口コミ多数!ブルーグリーンレーザーに注目

5
タジマ レーザー墨出し器 レーザー墨出し器

タジマ製のレーザー墨出し器は、国産・高精度であり最も信頼できる墨出し器の一つです。

数万円前後で購入できる格安レーザー墨出し器よりもスペック的には優れているのですが、値段が高いのが悩みどころです。果たしてその値段に応じた機器なのか?機種情報を調査 & 使用者の口コミ・評判を調査してみました。

タジマ レーザー墨出し器とは

タジマ製のレーザー墨出し器は、日本国産かつ高品質で昔から評判の良いレーザー墨出し器です。

格安レーザー墨出し器(VOICEなど)とスペック比較すると、精度は明らかに違いがるのはもちろん、耐久性・バッテリーの持ちなどもスペック以上の差が出ているとのレビューも多いです。さらに、業界唯一のブルーグリーンレーザー墨出し器を発売するなど、開発力・技術力には圧倒的に差があると感じます。

しかし、格安のレーザー墨出し器と比較して値段が高いという特徴があるので、DIYレベルはもちろん、建築関係のプロの方でも敬遠している人もいます。

より高精度・高品質なものが作業で必要な人にとっては必須のアイテムと言えるでしょう。

タジマ製レーザー墨出し器の特徴とは

今回はグリーンレーザー墨出し器『NAVIゼロジーセンサー KJC』の特徴を紹介します。

レーザー墨出し器は照射ラインが多くなるにつれて値段が高くなりますが、基本的なライン照射精度などのスペックは同じ場合が多いので、NVIゼロジーセンサーKJCの調査のみでタジマ製の墨出し器の特徴を掴めるでしょう。

機能面の概要

  • 鮮視度300のくっきりラインのダイレクトグリーンレーザー
  • 振動に強いセンサー式レーザー
  • NAVI機能、リモコン回転機能、消灯・ライン・モード切替機能付
  • 横全周で11時間使えるリチウムイオン充電池搭載
  • 本体に直接三脚の取り付けが可能
  • 頑丈なステンレス製キャリングケース付
  • 手動でも精密な地墨合わせができる回転微調整機能付

仕様

  • 照射ライン:縦ライン(正面、後ろ、右、左)、横全周、大矩ライン、下部ポイント ※正面縦と横ラインのみ同
  • 時照射可能
  • 制動方式 電子二軸センサー方式
  • 鮮視度:300
  • ライン照射精度:±0.81mm/10m
  • 鉛直点精度:3mで±1mm以内
  • 左右通り精度:15mで±2mm以内
  • 直角精度:90°±(2mm/7.5m)
  • 自動補正範囲:±2°
  • ライン出射角:縦130°/横360°

材質

外装:ABS、アルミ、SUS、ガラス

内装:アルミ、銅、真鍮、ABS、PCB

特徴からみるメリット・デメリットの総評

わかりやすいメリットを2点あります。

1点は、数万円レベルの格安レーザー墨出し器のライン照射精度は、『2mm/10m』がほとんどであるのに対し、タジマは『0.81mm/10m』と明らかに差があります。

もう1点は、バッテリー駆動時間が11時間は非常に長い!格安の場合は長くても9時間(仕様書記載)が多い上に、劣化具合も早いように感じます。

やはり後述する口コミ・評判でも『高品質』と言って良い評価ばかりでした。

 

しかし、今回の『NAVIゼロジーセンサー KJC』の定価は45万円です。フルラインのグリーンレーザーなので値段が高いのはわかりますが、格安レーザー墨出し器のグリーンレーザーフルラインモデルだと約10万円なので、やはり迷ってしまいますよね。

今回ご紹介した機種は「NAVI付き(自動追尾機能付き)」になります。格安では外付けの自動追尾ユニットをつける必要があるので、その分値段が高くなっています。

実際に使った人たちの評判は?

レビューユーザー50代 男性

5

グリーンレーザー良く見えます、そして 誤差もなくて、いいですよ

レビューユーザー30代 男性

5

ブルーグリーン見やすく仕事もはかどります。
配送の梱包や、お店の対応も良かったです。

レビューユーザー40代 男性

5

以前使っていた他メーカーの物よりレーザーが見やすいきがします。
三脚、レーザーレシーバーが付いてこの価格はとても満足しています。
タジマさんは保証もしっかりしているので安心です。

レビューユーザー50代 男性

5

既に同様のモデルは使っておりますが、社内から増設の要望があり追加しました。
今後も必要になれば増設したいと思っております。

 

製品に対しての悪いレビューは一切なく、値段が高くても視認性や精度など、高品質な部分に満足している人が多かったです。国産レーザー墨出し器メーカーとして信頼・実績を積み重ねたたまのものように感じました。

ラインが青色!?タジマ ブルーグリーンレーザー墨出し器は注目!

【TAJIMA】レーザー墨出し器 使用環境とライン色の選び方

タジマ製の墨出し器で注目されているのが「ブルーグリーンレーザーZERO BLUE」です。

ラインが赤色や緑色などは他業者も販売していますが、青色のラインのレーザー墨出し器はタジマのみ。(2019年9月時点)

ブルーグリーンレーザーの特徴はグリーンレーザーに負けない視認性と言われています。画像で確認すると、私は・・グリーンレーザーの方が見やすいように感じましたけどね(笑)

ただし、グリーンレーザーの屋内使用で見られるギラつきは軽減されているので、その面では見やすいと言えるでしょう。

グリーンレーザーとブルーレーザーの見え方の違い

引用元 Youtube

タジマ ブルーグリーンレーザー墨出し器は楽天市場で約15万円ほどでフルセットが購入できます。

スペック表を確認したところ、基本性能はZERO-Gと同じだと思います。(スペック表での精度面は同じ)

格安レーザー墨出し器の倍ぐらいの値段はしますが、従来のタジマグリーンレーザー墨出し器よりも安価で、最新のブルーグリーンレーザー。

個人的には今イチバン欲しい墨出し器です(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タジマ ブルーグリーンレーザー 墨出し器 NAVI ZERO BLUEリチウム-KJC 三脚セット [ZEROBLN-KJCSET]
価格:164538円(税込、送料無料) (2019/9/15時点)

楽天で購入

 

 

さいごに

タジマ レーザー墨出し器は「国産」「高精度」であることはもちろん、ブルーグリーンレーザーなどの新規開発も積極的に行なう技術力の高いメーカーです。

口コミ・評判も良いものばかりで、値段が高いくてもリピートするユーザーさんは多いです。

とはいっても、格安レーザー墨出し器よりも倍以上に値段が高いので、スペック表を見て比較することで後悔のない買い物ができると思います。

個人的に購入した格安レーザー墨出し器「VOICE」のスペックや使用感をまとめています。よろしければご参考に読んでみてください。

激安グリーンレーザー墨出し器「VOICE」とは

コメント

タイトルとURLをコピーしました