FUKUDA レーザー墨出し器の評判は?VOICEとの違いを比較、評価するまでもない理由

3.5
フクダ レーザー墨出し器 レーザー墨出し器

格安のレーザー墨出し器を検索した時に、目につくのが『FUKUDA(フクダ) レーザー墨出し器』です。

例えば、タジマのグリーンレーザー墨出し器なら約30万円もしたりする中、フクダのフルラインレッドレーザー墨出し器は24,019円(税抜)で販売されています。

安さは魅力だけど、調べても情報が少ないぞ。購入して大丈夫?

そこで、フクダレーザー墨出し器の評判を集めてみました!

結論、フクダ レーザー墨出し器の評判は良いのですが、サポート体制に不安があることがわかりました。そして、その弱点を補える格安レーザー墨出し器「VOICE」も紹介します。

フクダ(FUKUDA) レーザー墨出し器とは


フクダは格安レーザー墨出し器のメーカーの一つです。(国産っぽい名前ですが、中国製です)

一般的に数十万円ほどするレーザー墨出し器ですが、フクダ製はレッドレーザーが1万円以下、グリーンレーザーが約2万円以下で購入できるのが最大の特徴です。

特に上記で掲載している『EK-453DP』は約5,000円と超激安で、最低限は使えるという理由から初心者に人気のモデルです。

さらに受光器、三脚、ACアダプターなども別売りで購入可能です。

しかし、DIY程度なら十分だと思いますが、プロが利用するなら「レーザーのラインが太い」「自動追尾ユニットがない」などのデメリットはよく言われるポイントです。

とはいうものの、「あまりにも格安なので購入を検討したい。」という方もいるでしょう。そこで、フクダレーザー墨出し器の評判をまとめてみました。

使用者の評判は?

レビューユーザー30代 男性

5

大工歴40年の親の為、代わりに購入。
国産のと比べると値段がかなり安いのでいい買い物をしました。
使用するには何も問題なく使えるとの事
たくさんのレビュー通り、いい商品でした。

レビューユーザー40代 男性

5

注文してからすぐに発送して頂き届きました。電池を入れて点灯を確認し特に問題はありません。ラインが若干太い?かなとも思いますが、器具取り付けの目安になれば良い程度なので問題ないです。あとは耐久性はまだ分かりませんがこの価格で手に入るのであればかなりお得感あります。ケースロック部分の遊びが多くて持ち上げると蓋がカタカタ動きます開いてしまう事はないですが、替えた方が良いかもしれません。

レビューユーザー50代 男性

4

この価格ですので、10Mも飛ばすと線が太くなります。又、室内ならよく見えますが、野外だと天気の良い日はほとんど見えません。しかし、水平を出すと1点だけ強い照射が出ます。この1点だけは晴天でも見えますので、野外でレベルを出すのには重宝します。

DIY、プロに関わらずレビューの評価は良いです。

「線が太い」「室外だと見えない、使えない」というレビューも散見されましたが、高価なレーザー墨出し器に比べると圧倒的に安いのでコスパは良いと判断している人が多かったです。

さらに、楽天レビューをみると大半がDIYの使用に満足していることがわかります。

実際に購入する場合は注意!サポートに不安あり

フクダのレーザー墨出し器は「株式会社VOICE」が国内唯一の正規代理店として販売していましたが、現在は販売もサポートも終了し、レーザー墨出し器「VOICE」の販売・サポートにシフトしています。

2019年9月時点で、フクダ製のレーザー墨出し器はAmazonや楽天でも売っている状態ですが、国内の正規販売店だった「株式会社VOICE」からは出品していません。

「株式会社VOICE」経由ならば、1年間のサポートがあったようですが、現状ではサポート体制が不十分であると言わざるをえません。

ちなみに、株式会社VOICEが準備した「FUKUDAレーザー墨出し器の公式販売サイト」でも、FUKUDA製のレーザー墨出し器を一切販売していない状況です。

「申し訳ございませんが、只今品切れ中です」の文字が…

「商品詳細を見る」のボタンがあるのでクリックしてみると…

VOICEのレッドレーザーがトップに表示される始末…

格安レーザー墨出し器「VOICE」が紹介されます。(VOICEについては後述

下にスクロールしていくと、FUKUDA製のレーザー墨出し器の解説がありますが、「品切れ中」となっており、購入することができない状態です。

 

現場の作業で使う場合は、何かあった時の対応が必要不可欠。フクダの格安レーザー墨出し器で十分に使えた時は、株式会社VOICEによる十分なサポート体制があったから。とも言えます。

スペック的にはFUKUDAの格安レーザー墨出し器で十分なんだけど、サポート体制に不安がある…似たような格安レーザー墨出し器が欲しい!

そこで活躍するのが、株式会社VOICEが新しく販売を始めた、格安レーザー墨出し器「VOICE」です。

VOICEとはフクダ製のレーザー墨出し器の後継器|違いや評価を比較する意味はない

VOICEとフクダのレーザー墨出し器を簡単に比較すると、

  • スペック的な違いはほぼない
  • VOICEの方が耐久性をアップしている
  • VOICEはサポート・メンテ体制が充実
  • 値段はVOICEの方が若干高い

といった感じです。

フクダ製より値段が高いのは残念ですが、耐久性アップによる物持ちと十分なサポート体制を考えれば「安い」と思います。現場ではレーザー墨出し器を蹴っ飛ばして壊すことがしょっちゅうありますし。

サポート体制の詳細はコチラ

 

もし、あなたがレーザー墨出し器を使い続けるなら、フクダ製とVOICEを比較するまでもなく、VOICEを購入する方が無難です。

実は、フクダ製とVOICEの正規販売会社はどちらも「株式会社VOICE」です。

ホームページの整備が不十分でわかりづらいですが、運営会社をチェックしてみると、株式会社VOICE = HEM合同株式会社 = HRK FACTORYであることがわかります。

私個人の見解ですが、株式会社VOICEはFUKUDAレーザー墨出し器の販売を中止し、レーザー墨出し器『VOICE』を後継器として販売していこうとしています。

FUKUDA製のレーザー墨出し器は、まだAmazonで販売されていますが、公式販売サイトでの購入は不可能で、1年保証サポートも終わりつつあります。

さらに、今のFUKUDAの墨出し器のサポートも、代替機としてVOICEを送っている状態なのです。このような背景から、今後のサポートやトレンドを考えると、FUKUDAよりVOICEを選ぶべきだと言えるでしょう。

 

販売会社も総合的にみてVOICEはFUKUDA製より良い製品だと判断したので、販売機器を変更したように思えます。

  • 古い格安レーザー墨出し器「FUKUDA」
  • 新しい格安レーザー墨出し器「VOICE」

あなたならどっちを選びますか?わざわざ違いを比較、評価する必要もなく、選ぶなら「VOICE」一択だと思いませんか?

今後使っていく上での、品質・サポート体制を考えるなら当然ですよね。

格安レーザー墨出し器の新規購入や買い替えを検討するなら、フクダのレーザー墨出し器を調査しても無駄になりやすいので、VOICEを調査・検討する方が良いと思います。

もしあなたが格安レーザー墨出し器を探しているのならば、フクダ製の格安レーザー墨出し器の調査をやめて、VOICEの調査・購入検討をすべきでしょう。

実際に私は格安レーザー墨出し器VOICEを購入・利用しており、記事にもまとめています。購入検討の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました